FC2ブログ

記事一覧

婚活パーティーに行ってみた2 わかってるぅ!

スポンサーリンク


「こんばんは~」

と気まずそうな顔をして入ってきた
スーツをきた男性が

私の記念すべき初婚活パーティーのお相手というわけだ。


私はタブレットから視線をあげ
「こんばんは!」
と挨拶を返した。


男性8番さん...
席に座って早々に下を向いて
タブレットを見ていたので
顔はよく見えなかった。


何か喋った方がいいのかな?
と思ったが、パーティーはまだ始まっていない。


私も改めて男性陣のプロフィールを見ることにした。



何度かパーティーを経験した身からすると
この最初に隣となった異性、というのは
最後も隣になる訳で、

一番印象に残りやすい。



特に男性にお伝えしたいのだが


この、パーティーが始まる前の時間に
気まずがらず、恥ずかしがらずに
話しかけると、とても好印象◎なのです。


と言うか、
隣にいるのに全く話さず
「はい、スタート」でいきなり喋り出す、って
なんか不自然じゃない??


緊張してるのはお互い様。

せっかく時間外でお話できるチャンスなので
もし少しでもいいな、と思うお相手だったら
話してみると、最後気になった人を何人か選ぶ際に、
入る確率が高まると思います!!



しかし、私も初参加。
そんな余裕もなく、

隣の男性どんな人なんだろう、と
チラチラと気にしながらも、
タブレットのプロフィールを見ていた。


そうこうしていると
「はい、では今から5分間の自己紹介タイムになります~
5分経ったら男性は前の番号のブースに移動してください~」

というようなアナウンスが流れる。


なるほど、男性だけ移動するのか。


これが巷で噂の「回転ずし」か!!!
2841ebea0b86e259834c727d4d91c19b_s.jpg


そんなこんなでトークタイムスタート。


8番「初めまして~」
私「初めまして~」


8「三木と言います!」

三木さんは、
なんて言うか、少し、
個性的なお顔をされていて
少し、にくづきが良いからだをお持ちのようだった。

全体的に上からぎゅ!っと潰したような、
そんなイメージだった。


♡プロフィール♡
出身地 埼玉
身長  163cm
体型  普通
職業  営業
年収  600~700万
最終学歴 (中堅)大学卒業
婚姻歴 初婚(子どもいない)
お酒  飲む
喫煙  吸わない
趣味  食べ歩き


ふーん。
プロフィールはまぁまぁだな(誰)


三木さんはプロフィールになぞって
簡単に自己紹介をしてくれたので

私もプロフィールを読みながら
自己紹介をした。


三木「私さんの趣味はお料理ということですが
得意料理はなにかありますか?」

私「うーん...カレーですかね?」

苦い記憶が蘇った。


三「へぇ!カレーですか!
僕カレー大好きなんですよね!
もしかしてスパイスとか使っちゃったりしますか?」

私「そうですね~そんなに本格的じゃないですけど
スパイスも使ったりして、結構時間かけて作ります(^ ^)」

三「いやー、得意料理カレーって書く方は
すごく凝ってる料理好きなんじゃないかと思ってたんですよねぇ!」



おお、三木さん、
わかってるぅ!!!!



カレーに対して
苦い記憶があっただけに
わかってもらえたのが嬉しかった。


私「三木さんもお料理されるんですか?」

三「いやー僕は殆どできなくて。
ひとり暮らしだから外のものばっかり食べてます。
お店を開拓するのは好きですね。」



お顔は個性的だけど、
なんか、

すごく


良い人。



という印象だった。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

私

Author:私
当ブログをご訪問いただきありがとうございます。
このブログは「私」の婚活物語を綴ったものです。

実際に婚活をした経験から書いていますが、登場人物を含めブログは全てフィクションとなりますので、婚活体験談ではなく読み物として読んでいただければ幸いです。

また当ブログの「私」と中の人は無関係ですのでご了承ください。

ネタにしていいこんな男性いたよ!って体験談やエピソード、相談などがあれば
wwatashiww@gmail.com までご連絡ください。

※当ブログの無断転載はご遠慮ください。

Twitterアカウント @watashiofme

最新コメント

ご質問度相談はコチラ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ranking

PVアクセスランキング にほんブログ村