FC2ブログ

記事一覧

自分に嘘をつくこと

スポンサーリンク


私は過去の恋愛や
婚活中に

自分に嘘をつくことが多かったように思う。

それは、
傷つけられている自分や
かわいそうな自分
不幸な自分を

受け入れられなかったからだと思う。

スポンサーリンク


自分に嘘をつく、とは、どういうことなんだろう。



何でもかんでも思い通りに生きられる訳じゃなくて、
何でもかんでも自分の理想通りな訳じゃない。


社会の枠組みの中で
人と一緒に生きていくためには
自分を抑えて人を立てなければならない時もあるし
自分を曲げて譲らなければならない時もある。


人間関係や状況を
円滑にするために嘘をつくことだってあるだろう。


いつでもいつでも
“ありのまま”の自分でいられる訳じゃないし、
思ったことを何でも言っていい訳でも
やりたいように振舞っていい訳でもない。


そもそも“ありのまま”ってなんだろう。


恋愛において言えば

100%自分の理想通りの、0.1%の狂いもない
完璧な相手なんて、たぶん、世界中どこをさがしてもいなくて


じゃあ、合わない部分に目を瞑ったり、
相手に合わせたり譲ったりすることが

“自分に嘘をつく”ことなのか
“ありのまま”の自分でいられないことなのか。



私は、そうは思わない。



社会の中で他人と生きていくこと、
特に恋愛や結婚においてパートナーは

ものっすごく距離の近い他人であり
その他人と生きていくのだ。


自分と同じ遺伝子を持ち
生まれた時から育ててくれた親や
一緒に生まれ育ったキョウダイですら

ぶつかることもあるし
わかり合えないこともあるのに

どうして他人と生きていくのに
100%思った通り・理想通りを求められるんだろうか。

人はみんな、自分と違って当たり前。
同じ人なんて一人もいない。

それは家族でも恋人でもパートナーでも同じである。




話は逸れたけど、

つまり人と生きていくのに、

譲り合って
時に自分を曲げて
時に目を瞑って
見逃して
折り合いをつけて
赦し合って

生きていくことはとても大切な事だと私は思う。


何でも思ったことを言う事が
自分のしたいようにやりたいように
感情の赴くまま生きることが

“ありのまま”の自分 ではなく

それを抑えることは

“自分に嘘をつく”ことではない。



では、“自分に嘘をつく”とは。


それは、
自分の感情を “無かったことにする” こと。



色んな理由をつけて、自分の気持ちや感情を「無かった」ことにすることが
自分に嘘をつくことだと私は思う。


それは例えば、この時のように
彼氏が仕事が忙しいからと平気で約束をドタキャンすることに対して
本当は、自分が軽んじられているようでとても傷付いたのに
「忙しいから仕方ないよね」「彼女だから解ってあげないと」と
自分を無理やり納得させること。

それは例えば、あの時のように
デートしている男性から「付き合う前にからだの相性を試したい」と言われて
そんな女だと思われた事を嫌だと思ったのに
「逃したら彼氏が出来ないかもしれない」から、と
目を瞑ること。


心から納得しているならいいんだけど
本当は嫌なのに、悲しいのに、辛いのに、
色んな理由を探して自分を納得させることが

自分に嘘をつくことじゃないかと思います。


私は過去に付き合っていた人が
何度言っても何度も何度も遅刻をしてくる人だった。(時間単位で)

最初のうちは怒ったりもしていたけれど

段々続く度に起こるのも疲れるし

仕事で忙しいから仕方ない
彼のことが好きだから我慢しなきゃ
彼を付き合い続けていくには私が合わせないと

感情を抑えるようになっていた。


でも本当は

私との約束を軽んじられているようで嫌だったし
そんな扱いを受けることに傷付いていたのだ。


自分に嘘をつき続けていると
自分が本当は何が嫌で
何をしたいのかだんだんわからなくなる。

感情がどんどん麻痺していき

いつか心が壊れてしまうと思う。



傷つけられた自分やかわいそうな自分、不幸な自分を認めることって
時に惨めで、目を逸らしたくなると思うんだけど

傷付いた時に傷付いたと
悲しい時に悲しいと

それは嫌なんだ、と

自分の感情を自分で認めてあげることが
“自分に嘘をつかず”に生きるということなんだと思った。


そしてそれを
例えば傷つける相手から離れるのか、
それとも相手に伝えて解決していくのか、

そうやって自分の感情に向き合って
ひとつひとつ解決していくことで

“ありのままの自分”で生きていけるのかなぁ、



と、そんなことを思ったり。




ああ、すごい伝わりづらいかな。
言葉にするって難しい。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

私

Author:私
当ブログをご訪問いただきありがとうございます。
このブログは「私」の婚活物語を綴ったものです。

実際に婚活をした経験から書いていますが、登場人物を含めブログは全てフィクションとなりますので、婚活体験談ではなく読み物として読んでいただければ幸いです。

また当ブログの「私」と中の人は無関係ですのでご了承ください。

ネタにしていいこんな男性いたよ!って体験談やエピソード、相談などがあれば
wwatashiww@gmail.com までご連絡ください。

※当ブログの無断転載はご遠慮ください。

Twitterアカウント @watashiofme

最新コメント

ご質問度相談はコチラ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ranking

PVアクセスランキング にほんブログ村