FC2ブログ

記事一覧

【婚活アプリ】早さん9 急に…

スポンサーリンク


「そろそろ行こうか」と水早さん


私「あれ、お会計は...?」

水「大丈夫だよ」の一言。



私がお手洗いに立った隙に済ませてくれていたようだ。

スポンサーリンク


私「すみません...ありがとうございます。ご馳走様です。」


階段を上るとき、少しほろ酔いの私に
手を差し伸べてくれる彼。


お店を出ると手をあげて颯爽とタクシーをとめてくれる彼。


本当に、何から何までスマートな人だなぁ。




タクシーに乗り込むと


真剣な眼差しで
「私ちゃん…」と水早さんがこちらを向いて言った。


「はい…」ドキドキする。告白?まさかね。









「キスしてもいい?」






ce81cd70fa6438c2081cd293ed9bf26e_s.jpg

???!



は?え?え?
いま何て言った?


「キスしたい…」



え、なに、きもいんだけど、急にどうしたの。
さっきまでの紳士どこいっちゃったの?
え、なに、きもい。

でも。

でも、もしかしたら彼なりの好意の示し方なのかもしれない。
言葉なしに付き合う人もいるしね。


「いや...私付き合ってない人とそういうことしたくないんで」


と言ったら「付き合おう」なんて言ってくれるかもしれない、
なんて淡い期待が無かったと言えばうそになる。





水「うわー。グッときたわ、いま。
そういう真面目なところ、ますます気に入ったよ」


突然キスされても落ちない口紅はコチラ


急なキャラ変に戸惑いつつも
脈があるのかな、なんて勘違いはまだまだ続く、愚かな私なのでありました。





PAK77_komorebidon20140301133953_TP_V4.jpg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

私

Author:私
当ブログをご訪問いただきありがとうございます。
このブログは「私」の婚活物語を綴ったものです。

実際に婚活をした経験から書いていますが、登場人物を含めブログは全てフィクションとなりますので、婚活体験談ではなく読み物として読んでいただければ幸いです。

また当ブログの「私」と中の人は無関係ですのでご了承ください。

ネタにしていいこんな男性いたよ!って体験談やエピソード、相談などがあれば
wwatashiww@gmail.com までご連絡ください。

※当ブログの無断転載はご遠慮ください。

Twitterアカウント @watashiofme

最新コメント

ご質問度相談はコチラ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ranking

PVアクセスランキング にほんブログ村